EpiNurseネパール

EpiNurseネパールは2015年8月に始まり、2016年4月に完了しました。探索的で記述的なデザインとアクションリサーチアプローチを使用して、変更された管理を同時にサポートする品質改善プロセスの調査を可能にしました。

モニタリングは、カトマンズのツールキットを使用して、影響を受けた10地区(ゴルカ、ドラカ、シンドゥパルチョク、ヌワコット、ラスワ、カブレパランコック、カトマンズ、バクタプル、ラリトプル)で4か月間訓練された地元の看護師によって実施されました。

従来の紙と電話によるデータ収集方法は、電話回線へのアクセスが困難なため、スマートフォンアプリケーションよりも時間がかかりました。この問題を解決するために、ネパールの市民技術企業であるカトマンズリビングラボと共同で新しいアプリケーションを開発しました。モバイルアプリケーションは、場所とタイムスタンプ、ジオタグ付きの写真、ジオタグ機能による場所情報付きの特定のアンケートなど、避難所関連のデータと情報を収集しました。このシステム開発と積極的な関与プロセスは、地元の看護師を質の向上に関与させるために設計されました。

この結果は、実用的かつソリューション指向の迅速なコラボレーションが、異常なアクティビティを警告するためにほぼリアルタイムの人口ベースの統計的アラームを必要とする従来の公衆衛生セキュリティ監視システムに挑戦できる方法の1つを示しています。また、健康モニタリングの次の方法論モデルを開発するためのいくつかの重要な問題も含まれており、文化的および社会的な違い、地理、世代を横断する強力なインタラクティブネットワークを提供します。

科学技術振興機構から資金提供を受けたJ-Rapidプロジェクトチーム、2016年度

Tara Pokhrel

Project Leader

Apsara Pandey Khanal
Archana Shresta Joshi

Pf.D, Sociologist, Gender and Care

Sushila Paudel

Secretariat

EpiNurse Nepal 2015-
Sarada Barakoti

Sundari Tamang

Urmila Chitrakar

Sarita Dhungana

Pramila Jirel

Shreemaya Jirel

Devaki Khatiwada

Babita Jirel

Lumbini Shakya

Sunita Panthi

Roshani Shrestha

Chandramaya Dangal

Madhu Gomja

Indramaya Gurung

Maya Shrestha

Sharan Khanal

Indramaya Shrestha

Ram kumari Luitel

Samjhana Kunwar

Thakchi Sherpa

Sumala Basnet

Sanumaya khadka

Jasmaya Jirel

Srijana Khadka

Sarita Dhakal