前書き

EpiNurseは、Epidemiology + Nurses for Disaster Risk Reductionの略です。 EpiNurseプロジェクトは、災害後に感染症を予防し、制御するための監視および監視ツール使用して 、すべての看護師を装備します。 EpiNurseは、そのローカルアクションを通じて、災害の健康リスクとその連鎖的な影響を管理することを信じています。

EpiNurseの創設者である神原咲子教授は、日本、フィリピン、ネパール、コンゴなどの国々でプロジェクトを拡大しました。 EpiNurseは、日本と他の国との強力な研究協力関係を確立することを目的としてJ-Rapidプロジェクトから資金提供を受け、2015年の地震発生直後にネパールに避難所の状態、災害監視、および疾病の有病率を評価しました。

SHINEOS +フィリピンに基づくEpiNurse監視ツールは、生活状況、早期警告および報告システム(EWARS)、および極度の緊急事態および災害における監視(SPEED)に関するデータ収集で構成されています。

SDGsへの貢献と

仙台防災枠組(SFDRR)指標

地震
洪水

竜巻